副男
副男です!本日もよろしくお願いします。Amazon輸出で出品する際に大口出品(Professional)と小口出品(Individual)があるみたいなのですが、どちらがいいのでしょうか?

 

taka
副男さんどうも☆彡よろしくお願いします。大口出品か小口出品どちらにするか悩んでいる人は多いですよね。結論から言いますと大口出品の方がいいです。

 

副男

 

taka
はい!副業でも大口出品の方がいいです☆本日は大口、小口の違いについてお話ししていきますね
副男
はい!よろしくお願いします

 

Amazon輸出は大口出品か小口出品どちらがいいの?

料金について

副男
料金は大口、小口それぞれどうなっているんですか?
taka
料金はこのようになっています♪
大口(Professional)  小口(Individual)
月額 $39.99  なし
 成約料  なし 1品売れる度に $0.99
 販売手数料  6%~20%   (ほとんどが15%)  大口と同じ

 

副男
大口出品は月額約4000円かかりますが、商品が売れる度の成約料がかからないのですね。月に何品ぐらい売れば大口の方が得になるのでしょうか?

 

taka
$39.99÷$0.99=40.3 なので月に41品以上売れば大口の方がお得になります!月に41品以上販売するのは難しくないのですぐに達成できると思います。

 

副男
なるほど~!!大口の方が結果的には手数料が安くなる可能性が高いんですね

 

大口出品のメリットは?

副男
大口出品にメリットって手数料が安くなる以外に何かあるんですか?

 

taka
実は大口出品のメリットってたくさんあるんです!!

  • 一括出品ツールが利用できる
  • ビジネスレポートが利用できる
  • カートがとれる
  • MWSキーを取得できる
  • 出品できるカテゴリーが多い
  • 配送設定が変更できる
副男
こんなにもあるんですね!!でも正直あまりよく分からないです

 

taka
分かりました!では今から説明していきますね♪

 

一括出品ツールが利用できる

副男
一括出品とはなんですか?

 

taka
Amazonに商品を出品する方法としてWEB上で一個ずつ出品する方法とCSVファイルを使用して一括で出品する方法があります。

 

taka
出品数が少ない内はWEB上で一個ずつ出品してもいいのですが、数が増えてくるとかなり大変な作業になってきます。特に無在庫販売の場合数百、数千の商品を一度に出品する場合があるので一括出品ツールは必須になってきます

 

副男
私は無在庫販売をしようと思っているのでAmazonの一括出品機能は必須ということですね!!数千もの商品を一個ずつ手打ち入力していたら時間がものすごくかかりそうですし(^^;)

 

 

一括出品ツールの詳細は

【Amazon輸出】一括出品のやり方は?に書いてありますので

どうぞご覧下さい☆

 

 

ビジネスレポートが利用できる

副男
ビジネスレポートとはなんですか?

 

taka
ビジネスレポートとはAmazonの売り上げ分析ができるツールのことです!出品している商品をどれぐらいの人が見てくれているのか?カート(Buy Box)は獲得できているのか?などの情報が分かり、それを元に分析をしていきます。

 

taka
ビジネスレポートをみて今後の戦略を練っていくのでAmazon輸出を真剣にやっていきたいと思う方はFBA無在庫どちらの販売方法でもビジネスレポートは必須になってきますよ!!

 

副男
売上げ分析ができるですね。興味あるなぁ~是非使ってみたいです

 

カート(Buy Box)がとれる

副男
大口出品だとカート(Buy Box)がとれるんですか?何故ですか?
taka
カート(Buy Box)獲得資格の要件としてAmazon.co.jpが以下のように発表しています

 

・注文不良率:注文不良率は、購入者からの評価、Amazonマーケットプレイス保証やチャージバックの申請率の割合を元に算出されます。

その他の出品者のパフォーマンスの指標

配送スピード、配送方法、価格、FBAの利用によるものも含む年中無休のカスタマーサービスなどを通じて、商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般。

Amazon.co.jpで出品している期間と取引の数・

出品形態が「大口出品」であるかどうか

Amazon.co.jp  ショッピングカートボックス獲得資格の要件より

また、Amazon.comでも同様のことが書かれています

Seller Account Type Individual Professional
Monthly Subscription N/A $39.99
Per Sale Closing Fee1 $0.99 N/A
Use of feeds, spreadsheets, and other tools to load inventory No Yes
Access to order reports and order-related feeds No Yes
Earn top placement on product detail pages No Yes
Sell in 20+ open categories Yes Yes
Apply to sell in 10+ additional categories No Yes
Customize shipping rates No Yes

Amazon.com Professional(大口) and Individual(小口)の違いより

 

 

副男
なるほど~Amazonは「カートを獲得したかったら大口出品して下さいね」とさりげに教えてくれてるんですね☆

 

taka
そうですね!!カートを獲得するとしないとでは売上げが全然違いますので、大口出品してカート獲得していった方が絶対にいいですよ☆彡

 

MWSキーを取得できる

副男
MWSキーとはなんですか?

 

taka
MWSキーとは大口出品者のみ入手できるキーで、このキーがないと市販のAmazonツールはほとんどが使えないです

 

taka
もちろん市販のツールがなくても稼ぐことはできますが、現在稼いでいるセラーは何かしらのツールを使っている方が多いです!!特に無在庫の場合はツールがないと厳しい戦いになると思います。

 

副男
ツールが使えないのは副業で取り組む私としては厳しいです。・・(MWSキーを獲得する為にも大口出品にする必要があるな・・)

 

 

オススメツールについてはアマトピアのリサーチ法は

Amazon輸出リサーチツールの決定版!!アマトピアのリサーチ法【無在庫編】に書いてありますのでご覧下さい。

 

出品できるカテゴリーが多い

taka
小口出品ですと以下のカテゴリーが出品できません。以下のカテゴリーを扱いたい場合は大口出品にする必要があります!

Automotive & Powersports

Beauty

Clothing & Accessories

Collectibles (Books)

Grocery & Gourmet Food

Health & Personal Care

Jewelry

Luggage & Travel Accessories

Shoes, Handbags & Sunglasses

Video, DVD & Blu-Ray

Watches

Wine

副男
出品制限もかかるんですね。・・(今の所、上記の中で扱いたいカテゴリはないな~)

配送設定が変更できる

 

taka
これはAmazon輸出無在庫販売の時に重要になってくる大口出品のメリットです。小口出品では商品を2~3日で発送しないといけないのですが、大口出品ですと発送までの期間を延ばすことができます。商品発送遅延を繰り返すとアカウントの評価が下がるので、期間を延ばすことは重要なんです。

 

副男
たしかに。副業でやる場合はなかなか商品が発送できないことがあるので変更できるのはありがたいです

 

Amazon輸出は大口出品か小口出品どちらがいいの?まとめ

amazonAmazon輸出大口小口2
副男
いろいろ大口出品のメリットを教えて頂いて、takaさんが最初に即答した理由が分かりました。断然「大口出品」の方がいいですね

 

taka
そうですね!!

Amazon輸出を本気で取り組みたいなら大口出品は必須です☆

(本日紹介した以外にもまだ大口出品のメリットはあります)稼いでいるほとんどのセラーが大口出品です。

その為、機能を制限されている小口出品のままでは不利です。最初の一か月無料なので是非大口出品で始めて下さいね(#^^#)

 

 

Amazon輸出の登録方法(大口出品)はこちらの記事内に書いてあります☆彡

 

【2018年版】Amazon輸出の登録方法〜画像付きで分かりやすく解説します〜

2018.01.02

メルマガ読者限定プレゼント


下記の特典をメルマガ読者限定でプレゼント中です(^^)

  • ・知っていれば怖くない!Amazon輸出のデメリットと解決法
  • ・無料Skypeコンサル
  • ・知らないと資金がショートする!?資金繰りが悪化する原因と改善方法
  • ・知らないと絶対損する!Amazon輸出で通常の2.3倍マイルを貯める方法

期間限定特典を
ダウンロードする

or

※特典は終了する可能性があります。